借金の種類とグレーゾーン金利、法律上の分類

いろいろある借金の形

一言に借金と言っても、さまざまなタイプのものがあります。
友人や家族からの借りるもの、銀行のフリーローン、消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシング枠での借り入れ、住宅ローンや自動車ローンなど目的が決まったものにしか使えないものなどがあります。法律上、銀行からの借り入れと、消費者金融からの借り入れは大きな差があります。

総量規制について

平成22年6月から、貸金業法に収入の3分の1以上の借り入れを禁止する「総量規制」が導入されました。消費者金融やクレジットカードのキャッシングでの借り入れがこれに該当する借金となります。契約内容によっては収入を証明する資料の提出が義務付けられました。
一方銀行のローンは銀行法で運営されているので、この総量規制の対象外となっています。そのため収入の3分の1を越えていても契約内容によっては、より多くの借り入れをすることができます。住宅ローンや自動車ローンなどの借り入れも対象外です。また借入先が消費者金融の場合でも、おまとめローンのようにユーザーに有利な商品や、事業性資金の借り入れの場合は総量規制の対象外となっています。

グレーゾーン金利の撤廃

また総量規制の導入と同時にグレーゾーン金利と呼ばれる、出資法による上限金利(29.2%)と利息制限法の上限金利(10万円以内は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%)の差が撤廃されました。これにより多くの消費者金融が、今までグレーゾーン金利で受け取っていた金利を返還しなくてはならない「過払い金問題」と向き合うこととなり、経営難に陥りました。総量規制の影響で新規での貸し出し金額が減少していたため、収入は減る一方で過払い金の対応資金を用意しなくてはならず、銀行が貸金業者を買収する動きが加速し、業界は一気に再編されていきました。