キャッシングによる借金はとても簡単

キャッシングに手を出したきっかけ

月々の給料や賞与がさびしくなって、もう大分経った気がします。
 上手にやりくりしていても、時期によっては付き合いが重なったりして思わぬ出費を強いられることもありました。
 あるとき高校時代の同級生の結婚式に招待され、愕然としました。通帳にほとんど預金が残っていなかったのです。
 祝儀どころか、遠方の式場までの往復の交通費すら危うい有様で、せっかく招待されたのに断ろうかとさえ思ったものです。
 そんな時助けられたのが、キャッシングによる借り入れでした。
 最初は強い抵抗がありましたが、これは上手に活用すれば余裕ある暮らしを送れるツールであることに気づきました。

手続きはすごく簡単で即日借り入れできました

 ローン会社からお金を借り入れるまでの手続きはとても簡単でした。自宅から問い合わせの電話をし、説明通りの書類を揃えて無人契約機を訪ね、ものの20分ほどでカードを発行してもらえたのです。
 最初の限度額は10万円でしたが、私は迷わず10万円を借り入れました。あっさりと吐き出された札束に、その瞬間は少し後ろめたいものを感じたものです。

返済はそれほど負担ではなかった

 ですが、借入額に対して月々の返済額は微々たるものであり、さほど負担にはなりませんでした。
 勿論、毎月少額ずつ返済していたのでは、トータルの金利が高くなってしまいます。
 10万円ほどの借金でしたが、私はしっかりとスケジュールを組んで出費を管理し、少しずつ返済額を増やしていくという方式をとりました。初月は5000円、その次は7000円、そこからは1万円…というような形です。
 これがなんだかゲームの様で、不謹慎ながら少し楽しかったことを憶えています。
 そして、大きめのイベントが絶対に発生しないであろうタイミングを見計らって5万円ほどを一気に返済し、借金のない身となりました。

計画性を持った借り入れと返済で選択肢が広がります

 きちんとした目標を持ったり計画を立てて返済していけば、よく聞く借金地獄のような状態にはなりません。
 カードさえ持っておけば予想外の出費にも対応できるようになります。何事も付き合い方、扱い方なのです。